【BLOG】図面寸法を読み解く。伝える。


初めてのブログ投稿になります。

ブルーブリント長崎市内エリア加盟店の工務、竹田です。



今回ブログで何気なくご紹介したいのが、寸法のお話。


日頃より、私たちは各現場で常に持ち歩いている必需品のメジャーです。

これは、皆さん知ってらっしゃる通り、建物における平面的な寸法だとか高さ的な寸法を測る器具です。


私が使っているメジャーがこちら。

テープ部分の上と下に記されている数字の違い分かりますか?



上は寸目盛です。1尺、1寸、1分と読んでいきます。

1尺とは約33.3㎝です。1寸が1尺の1/10、1分が1寸の1/10です。


下は㎜目盛です。100㎜、10㎜、1㎜と読んでいきます。

建築図面に記載されている寸法は、㎜表記です。

ちなみに土木工事では主に10mなど、メートルで読んでいきます。


クライアントにあわせたデザイン住宅を工事させて頂く際に、

大工さんはじめ、たくさんの職人さんと造りあげていくわけですが、

大工さんへの指示は寸目盛で伝えるのがすんなり進んだり、

㎜目盛で伝えたほうがスムーズに伝わる業種もあります。m単位での打ち合わせもあります。


ほかにもインチ、フィートなどたくさんの寸法読み方があります。



このような知識を踏まえて現場をみるのも、とても楽しいですよ。



これからも素敵なデザインとしっかりとした品質での住宅をご提案させて頂きたいと思いますので、よろしくお願い致します。







Blueprint nagasaki Takeda

ブループリント 長崎店

☏ 095-895-9994

〒850-0035 長崎市元船町16-14

HOUR : 11:00  -  18:00   L.O 17:30

( 貸切は - 22:00まで )
CLOSED : 火曜日

rogo_design_gold.png

ブループリントデザインネットワーク

長崎の建築設計事務所 一級建築士事務所

〒850-0078 長崎県長崎市神ノ島町1丁目367-3  ☏ 095-832-9500

The little pig put on the cover again in an instant,boiled him up. and ate him for supper,and lived happily after.