Light Fall House-街角の三角形の狭小敷地に建つ都市型住宅-

コンセプトネーム「 Light Fall House (ライトフォール・ハウス) 」

「ライトフォール」には、「光の滝」という意味合いを込めて、外部に閉じ、内部で

開く、開放的な内部空間をつくることを目指しました。



立地にこだわって建築予定地を探されていたご夫妻。

最終的にたどり着いたのは、市内の三角形の敷地でした。


ご夫妻から私たちBLUE PRINTのデザインチームに「希望していた立地だけど狭くて、形が三角なんです。三角形の敷地でもオウチは建つものでしょうか」とのご相談が。


「狭小地・変形敷地・段差・斜面地」専門という訳ではないのですが、これまで特殊な敷地状況でも、発想の転換とアイデアで乗り越えてきたBLUE PRINTのデザインチームとしては、今こそ腕の見せ所!

ということで、三角形の敷地に三角形の計画を行い、プレゼンの日を迎えたのでした。



【外観】

三角形の敷地形状に素直に向かい合った三角形のフォルムに、 街角を照らす照明器具のような外観。




▽ 2F


【リビング】



■Point. プライベートバルコニーをはさんで、ダイニングキッチンと対面する配置に 。



▽ スターディーコーナ―


▽ バルコニー


■Point.向かい側の公園の景色を借景


■Point.おうちカフェが楽しめるキッチンとバルコニーの関係をデザイン


―キッチンの窓越しにバルコニーのカウンターと繋がっており、用意したものをすぐに渡せるようになっています。



【キッチンダイニング】




▽ パントリー



▽ 収納部屋  ―キッチン横



【子ども部屋】


■Point. ハイサイドライトにより明るさを確保 。



▽ 1階へ


【寝室】

書斎とクローゼットを兼ね備えています。


【寝室】

■Point. ライトコートが視線を遮りつつ採光と通風を確保しています。