感性とフィーリングの大切さ


実は私、音楽活動をしていまして。

個々の感性やフィーリングを大事にしつつ、お互いに刺激を受けながら楽しんでいます。



以前、住宅メーカーで営業として働いていた頃、契約が取れずに悩んだ時期がありました。その時期、感情に左右されやすい私は、音楽もうまく自分の気持ちを表現できずに悩んでいました。


そんな時に、音楽仲間から言われた言葉。


「理屈で考えなくて、いつもみたいにノリだけででっかい音出してくれれば、それだけでいいんだけどなぁ」

「仕事も同じでさ、理屈で考え過ぎてるからお客さんの気持ちが理解できずにうまくいかないんじゃないかな?」


若いころに設計士として図面を描いていたころには全く気付かなかったのですが、音楽と建築の世界には、相通じるものがあると私は考えています。


テクニックがなくても、聴いている人を感動させる音楽もあります。

そこには、直感的な感覚のみで理屈はありません。

「楽しい」「気持ちいい」という直感的な感覚は、家づくりにおいても非常に大事な要素だと私は思っています。



ちょっと目線を変えて、自分の直感を信じた家づくりができれば、理屈抜きに「楽しい」「気持ちいい」家づくりが実現できるかもしれませんね。



Nagashima