「丘の上の小さな教会」_ナザレン長崎教会(礼拝堂付き住宅)


「丘の上の小さな教会」

− ナザレン長崎教会(礼拝堂付き住宅)-


約50年前に五島から移ってこられた信徒さんによって、仮の礼拝堂と宿泊所として作られたプロテスタントの小さな教会です。


50年の時を経て、4代目の牧師さんのもと、牧師館(住宅)と礼拝堂が正式に新築される際に、私どもBLUEPRINTが担当させて頂くことになりました。



教会員のみなさんが集う住宅であり、地域に開かれた場所、そして、故郷の実家に戻ってきたような居心地の良さを感じることができる建物になればと考えました。


 

【外観】




ステンレス製の十字架には夜間でもその存在が引き立つように、裏に間接照明を仕込んでいます。




【礼拝堂エントランス】




 

【礼拝堂】

教会員のみなさんが集い、地域に開かれた場所、そして、故郷の実家に戻ってきたような居心地の良さを感じる空間を目指しました。



自由なレイアウトで礼拝や会議等できるよう設計・家具等は可動式のものとしています。


写真のようなレイアウトでは、牧師さまの立たれる教壇の背後に柱と梁を用いて「十字架」を模した形にしており、中庭を抜けた光が後ろから降り注ぎます。





▽ダイニングキッチン


礼拝後にはおにぎりなどを振る舞うとのことで、キッチンを設置しています。



▽お手洗いと収納




 

【キッズスペース】




 

■牧師館(牧師さまの居住空間)



【リビング】





【ダイニングキッチン】







【中庭】


対面する礼拝堂を中庭で挟むことで、居住空間とをゆるやかに分けています。



 

【洗面水回り】





 


【フリースペース】



 

【主寝室】


ウォークインクローゼットを備えた寝室





 

【子供部屋】




 

集まる皆さまがほっとできる居心地の良さを感じられる教会が完成致しました。



↓長崎ナザレン教会のホームページ