SCOPE HOUSE -港と空のコントラストを感じる暮らし-

コンセプトネーム「 SCOPE HOUSE (スコープ・ハウス) 」


長崎港を見下ろす景色を切り取った平屋の住宅

~屋内外の2つのリビングから港と空のコントラストを感じる暮らし~





【アプローチ ~ エントランス】



▼玄関ドアを抜けると動線が2つに分かれ、ゲストはリビングダイニングキッチンへ。


【リビング・ダイニング・キッチン】



Point. 2つの景色を切り取ったピクチャーウィンドウ

絶景を贅沢に堪能できる開放的な空間


■キッチン


■ アーチ状造り付け棚(BLUEPRINTオリジナル)

景色に向かって視線が抜けていくようなお客様こだわりの棚




■BLUEPRINT特製 オリジナルソファー

下にはなんと猫専用通路です。


【グランリビング】

空中に突き出しているかのようなRCのグランリビング




▼長崎港が一望できる最高の眺めです。





【子ども部屋ロフト】





もう一つの動線は家族の動線。シューズクローゼットからクローク、洗面所へと続きます。その趣は路地裏の様であり、表側のゲスト動線であるLDKと相まって、まるで「小さな街」のようです。


■シューズクローゼット アーチ状の開口が空間にやわらかさを演出しています。

■クローク



【洗面所・化粧台】


■洗面台―無機質でモダンなデザイン

■化粧台ーこちらからも景色を眺めることができます


■ガラスブロックの窓


【トイレ・脱衣所・バスルーム】


■こだわりのドア―こちらも猫が通れるようになっているドアです。

■解放感あふれる、脱衣所・トイレ・バスルーム



Point. 離れのような寝室と和室の配置



■和室


■寝室

モノクロトーンと間接照明で大人で落ち着いた雰囲気に。




■ご主人の趣味部屋


「オウチを建てたいと思って、ずっと土地を探してるんですけど、なかなか見つからなくて...」 そんなTさんご夫妻と私たちBLUE PRINTのデザインチームが出会ったのは、もう2年前のこと。長崎市内で電車通りにアクセスが良いエリア(つまり平地)で建設地を探していたご夫妻ですが、赤迫から大浦エリアまで探してもなかなか、ビビッとくる土地との出会いがありません。


そこで私たちBLUE PRINTのデザインチームは、ご夫妻がどんな暮らしをしたいか、暮らしのなかで、どんな場面や出来事に価値や喜びを感じるのか、そのあたりから改めてひも解いていくことにしました。


そんなある日、「今までと全然違う場所なんですけど、こんなところでもオウチ建ちますか?」という連絡が。期待と興味が混在するなか、現地へ足を運ぶと、長崎港を一望できるパノラマの景色が飛び込んできました。ただ、景色が良いわけの裏側には、高低差6メートル以上の斜面地に軽トラ一台がやっと通れるほどのあぜ道が1本ある、という設計者にとっては過酷な環境が待ち構えていたのでした…。


敷地形状と高低差を利用した配置計画 によって、絶景を望む平屋「SCOPE HOUSE」が実現いたしました。

ブループリント長崎 建築 設計事務所
大波止電停すぐ近く 夢彩都の前にございます。

CAFE
☏ 095-895-9994

ARCHITECT
☏ 095-832-9500

ブループリント長崎

長崎の建築設計事務所 一級建築士事務所

HOUR : 11:00  -  18:00   L.O 17:30
CLOSED : 第2火曜日

The little pig put on the cover again in an instant,boiled him up. 
and ate him for supper,and lived happily after.