top of page

第9回:BLUEPRINTの住宅デザインメソッド~「斜面地」を攻略せよ!~


坂の街・長崎市に拠点を置き、長崎県内でデザイン住宅を手掛ける建築デザイン事務所BLUE PRINTでは、多種多様な敷地での注文住宅づくりにチャレンジしています。


今回は、「斜面地」を攻略せよ!というテーマにしてみました。


みなさんもご存知の通り、長崎市内には長崎港(鶴の港)を取り囲むように丘陵地帯が存在し、山肌の斜面地にびっしりと住宅や住宅用地が展開しています。車道から一段下がった敷地や逆に1段上がった敷地は、ごく当たり前のように存在し、住宅の設計者としては、その設計力を非常に鍛えられる街です…


斜面地や段差+狭小敷地という組合せの中で住宅を計画するケースとして、直近では7月に完成した「K15」があります。このプロジェクトでは、道路より1段下がった施工可能面積が15坪の敷地に、木造2.5階建の住宅を計画し、2階部分に駐車スペースとアプローチを配置することで、タイトな建築条件を超えた事例でした。




ところで斜面地に暮らすということは、何を意味するのでしょうか。


郊外に足を延ばせば、それなりに平坦な土地があるのに!と思うこともありますが、そこにはやはり、坂の街でしか見ることのできない日常風景や町(地区)に対する住まい手の愛着や思い入れがあるからにほかなりません。