DESIGNER

デザイナー

top

雑感

DESIGNER
岡部 三郎

よく、オープンハウス開催時に来場者から「よか家ね」とおほめの言葉なのか?頂くことがあります。当然、新築=新品なので綺麗ということもあり、また、外観および内観等の好みだったり周りの環境対応、機能等、共感を頂けたのかなぁと思いをめぐらす事があります。長い間、いろんな用途の建物に携わってきましたが、現在は住宅の設計に関わっています。
01
人生で、大切な選択の場面でもある
人間にとって大事な衣食住の一つ、住むための家は人生という長い時間の中で、長く過ごす場所(空間)であり、大切な選択の場面でもあります。それぞれの人がデザイン優先しかり、機能優先であったりと自由な選択を否定することはできません。ただ、プロとして、住み手にとって満足できる、居心地のいい家を提供することのできる技量、(導ける提案)できたのか気になるところです。
  • 02
  • 07
  • 08
経験を活かす
若いときは自分の思いが先走りして、今振り返るとクライアントの思いを十分受け止め正しい提案が出来たのか疑問です。現在は年を重ねることにデザインが古くなったり、従来の手法にこだわったり、設計に携わっていくうえで下以外の部分も多々あると感じています。ただ、利点があるとすれば、多くの失敗や経験が活かせればという思いもあります。モノを創るという行為には苦しいこともありますが、形に残り、人に喜んで頂ける職を得たのは私の人生にとって幸いだと思います。
05

岡部 三郎Saburo Okabe